トップページ 事 業 会 報 会 則 組 織 会 計
 

  事  業


終了しました事業については下のページにて紹介をしていますでご覧ください。
 

  首都圏支部総会

平成28年7月9日(土)

上野の森は雨に濡れ、気温も23℃と過ごしやすい。首都圏支部新卒者激励会と総会の会場は明治9年開業の老舗西洋料理店「上野精養軒」。今年は新卒者が43名出席。過去最多であり、出席者全体の半数以上が新卒者となった。青森から石井同窓会長、川村元事務局長、豊島校長他7名が出席し、プロのマジシャンのよるマジックやねぶた囃子などの余興が行われ、新卒者が笛を吹いたり、太鼓を叩いたりと大いに盛り上がった。インテリア科が廃科となって以来、インテリア科の出席者は減少傾向にあったが、今回、川村元事務局長(元インテリア科教員)が出席したことにより、久しぶりに出席者が増えた。首都圏支部運営委員の皆さん、お疲れ様でした。来年も楽しみにしております。(文責・谷)

 

  仙台支部総会

平成28年7月2日(土)

仙台支部(工藤博幸支部長)仙台市のハーネル仙台で台41回総会を開いた。支部長に続き石井勇新会長があいさつし、篠田校舎跡地に記念石碑を建立したことを報告した。次に豊島隆幸校長が祝辞を述べた。総会では事業計画、予算案が承認され閉会となった。新卒者激励会では8人が紹介され、一人一人が抱負を述べた。OBたちは新卒者に励ましの言葉をかけ、懐旧談に花を咲かせた。最後は校歌を斉唱し結束を確かめた。今回初めて田名辺副会長は同級生と50年ぶりの再会となった。3次会まで進んだらしい。追伸、二次会も盛大でした。もう一つ、懇親会でふるまわれた小鹿事務局長の息子さんが杜氏を務める「日高見」という日本酒がおいしい。是非、ご賞味ください。少しだけ宣伝させていただきました。(文責長内)



 

  本部総会

平成28年6月17日(金)

本部の総会には、同日開催される新卒者激励会と還暦会の参加者も合流する。今年も約400名の参加で、このような大規模な総会を続けている学校は少ない。今年の主管は電気通信・電子科で、各学科が交代して総会・懇親会の運営を行っている。運営は各科の特色が出て楽しい。総会はスピーディに終え、懇親会に入ってから、吹奏楽部の演奏、還暦者紹介、余興にフラダンスが登場するのが電気通信・電子科の特色ですね。さらに、抽選会も用意し盛りだくさんの企画で楽しませいただいた。懇親会の司会の写真が無いのが残念であるが、アロハシャツが似合っていた。楽しく盛大な懇親会にしていただきました。次の主管「定時制分校」に引きついで無事終了となりました。 (文責長内)

☆☆還暦会はこちらをクリックしてください☆☆ 還暦会 




 

  下北支部総会

平成28年5月29日(土)

開催された5 月29日は初夏を思わせるさわやかな晴天だった。移動は青森からの参加者である事務局の工藤啓太さんの運転で、私 長内は景色を見ながら気持ち良く移動させていただいた。下北支部総会が2月開催を5月に移してから3年目になる。2月開催時は大雪で列車が遅れたり、野辺地からバスを使ってみたり、リゾートあすなろ下北に乗ったりなど下北までの苦労した冬の旅を思い出した。5月は同窓会の行事が集中するが、下北の5月開催はありがたい。 さて、下北支部総会は、参加人数が減少気味だが、例年2次会付きで大盛会である。今年の総会で山元忠男氏(昭和45年電気科卒)が下北の支部長・親分となった。中身はもちろんであるが外見も親分らしい。説明が不足ですが写真から盛会ぶりをご推測ください。 (文責長内)

 

  盛岡支部総会

平成28年5月28日(金)

 仙台支部から鎌本実氏(電通37年)、同窓会本部から蜥J同窓会会長、豊島隆幸校長、玉井宏(電子機械科)が参加し、総勢15名の参加で開催されました。 往年?!の工業高校OBだけが知っている当時の厳しい応援団による応援練習、可愛い西高女子生徒に思いをはせた当時の思い出話に花が咲き、終始笑いの絶えないひとときを過ごしたようです。会の開催に尽力されております工藤支部長他、幹事の皆様方大変ありがとうございました。(玉井宏 H3電子卒)
br>

 

  旧校舎石碑建立除幕式

平成28年5月22日(日)

5月22日は何の日かご存知でしょうか。そうです。本校の開港記念日です。 5年前まで校舎があった青森市篠田の跡地で、旧校舎記念碑の除幕式を行った。同窓会や学校、地元町会関係者ら約30人が集まり、当時の校舎が彫られた石碑の建立を祝った。これは同窓会が「篠田に校舎があったことを記しておこう」と記念碑の計画。近隣の町会からも「そのまま庭を残してほしい」という嘆願があったと聞き、学校関係者はとても感謝した。高さ1.3m、横1.6m。昭和30年電通科卒の船水晃氏が原画を作成した。柳谷豊会長が「卒業生の心に残ってくれることを願っている」とあいさつ。西篠田町会の菊池賢一会長が「石碑を大切に守っていきたい」と語った。関係者の代表10人で除幕し、出席者全員で効果を歌って、記念撮影した。(文責長内)

 

  樫の実会総会

平成28年5月22日(金)

5月22日(日) 定時制同窓会「樫の実会」は、毎年5月22日の開校記念日に総会を行っています。この日は「樫の実会」「教育振興会」「創立七十周年実行委員会」の合同懇親会でした。平成25年度卒業生4名、26年度卒業生1名を含む38名が出席し、蜥J同窓会長の乾杯で懇親会はスタート、和気藹々の中、あっという間に時は過ぎ、神山振興会会長による "四本締め" で中締めとなり、来年の同窓会主管担当と創立七十周年に向けて更なる結束を誓い合いました。(文責・高谷)

 

  浪岡支部総会

平成28年5月21日(土)

5月は行事が大変込み合っています。年度の最初の支部総会が浪岡からスタートします。今年は会長・校長が参加できませんでしたが、野澤幸衛機械科副会長(48M)工藤隼人機械科役員(H9M)と高橋弘一名誉会員、事務局から長内、八戸が参加しました。例年どおり長谷川会長を中心に浪岡の皆様との和気藹々の会となりました。(文責長内)

 

  役員会

平成28年5月17日(火)

総会のちょうど1か月前の17日に役員会を開催した。役員会に約60名が参加して審議した。会長からの「本番の総会では短時間で終えるために、今日の役員会ではしっかりと審議いただきます」の冒頭のあいさつから始まった。27年度事業報告・決算報告、28年度事業・予算計画、役員改選、28年度の総会開催、29年度の会報発行について審議、その他では後援会からの報告、定時制の70周年に係るお願いがあった。その後、懇親会で盛り上がり閉会となった。(文責長内)

 

入会式

平成28年2月29日(火)

全定の同窓会入会式が卒業式の前日の29日に、全日制は午前、定時制は夕方にそれぞれ本校の第一体育館で行われた。今年の入会生(卒業生)は全日制238名、定時制8名が新しく同窓生に加わりました。ご卒業おめでとうございます。入会を心から歓迎いたします。



Copyright © 2015 Aomori Technical High School Class Reunion All rights reserved.
by 青森県立青森工業高等学校同窓会